猫の話8<この頃のふたり>

 

 部屋のエアコンのすぐ下に電気炉が置いてある。温風が下方に向いて出るので、その上は暖かく快適なポジションだと雌猫ビーちゃんは気づいた。そんな訳でビーは今年の冬から電気炉の上によく乗るようになった。たまに、電気炉が使用中で電気が入っていても猫なのでかまわずに乗る。幸いな事に、私はそれほど高温に温度を上げることはなく、電気炉の蓋の上も、ネコにはさらに快適温度になっている。しかし、電気が入って高温の時に中に飛び込まないようにだけは注意している。

そしてある時、部屋に入ると聞き慣れない電子音がなっていて、なんとビーがノートPCのキーボードに乗っかっていた。使った事ない何かが画面に立ち上がっている。数日後またPCに乗ってるのを発見。文字が「ととととととt」とか打たれている。電源が入っているとキーボード上は暖かく、大きさも上に乗るのにちょうどよくビーは好きらしい。もちろんすぐにどかした。それから蓋をしめるように、私も気をつけていたんだけれど、ある時ちょっと目を離した間に、しっかり画面にもたれて乗っているビーを発見。急いでおろして、また文章を打ち込もうとしたらぜんぜん入力が出来ない!こんなこと初めて。とうとうPC壊したかとビーを怒った。直そうとあれこれしているうちに、はたと気づいた。何とキーのロックをビーが押してあった。そこでキーがロック出来る事も初めて分かった。そんな事を繰り返している今日この頃です。

 

一方、雄猫ちー太はどうかと言えば、春先になると外にいる事が多くなって来たが、薄茶色の雄猫が毎日のようにうちの庭先に来て、チーちゃんはテリトリーを守ろうと威嚇したり喧嘩になっている。そのためか見張り番のように外にいる。そんな事が続いてしばらくたった頃、チーちゃんの肩口の毛がなくなって化膿したような傷口が見えてきた。次に日にはいっそう毛がなくなって傷口が腫れ上がっていた。かなりひどい!慌てて病院に連れて行った。「太ってますねえ」と言われたが、前に計ったときより300g痩せて6kgはきっていた。「痩せてますよ」と私が言うと、「あ、本当だ」と先生。噛まれたところが中で腫れていたので、処置をしてもらい、粉薬をもらって来るが、餌に混ぜても全然食べず、食欲も落ちた様子。しかたないので3日後にまた病院に。今度はケージに入れるだけで大騒ぎ。やっぱり病院よっぽどやだったんだなと思った。よく我慢してたようだけど猫もすごくストレスになっているんだなと思い、1本で12日間効くという注射を打ってもらう。帰りは途中からケージから出して一緒に歩いて帰って来た。そう、チーちゃんは、散歩が出来る猫なんであります。でも、いくら怪我してても外にいるのが大好きなんで猫なんです。

これ大分治って来たところ
これ大分治って来たところ